2012年03月

2012年03月15日

<流山市の汚染状況、除染対策の目標値>

平凡な毎日を送っていましたが、2011年3月11日の東日本大震災を境に子供達の健康への不安を抱える毎日になってしまいました。
それは、福島第一原発の爆発事故から放出された放射性セシウムが、3月20日、21日に降った雨とともに千葉県の東葛(とうかつ)地域に降り注ぎ、土壌や樹木が汚染されたからです。
流山市は、いわゆる放射線のホットスポットであり、2012年1月1日施行の法律により「汚染状況重点調査地域」に指定されました。

文部科学省の放射線等量分布マップでは、放射性セシウム137&134の合計値では、流山市は1平方メートル当たり30,000~10,0000ベクレルという高濃度の汚染が拡がっています。

文部科学省の放射線等量分布マップ
http://ramap.jaea.go.jp/map/mapdf/pdf/air/v01/cstot/5339-C.pdf
http://ramap.jaea.go.jp/map/agreement.html(専門的)

これを1kg当たりに直すと(表層から5cmの層に均質に放射性セシウムが存在するとし、土の密度1.3g/ cm^3として、1m^2当たり65kgという数値を換算に用いて)、流山市のいたるところが概ね460~1,540ベクレル/kgの放射性セシウムを付着した土に覆われていることになります。
(なお、現時点では表層1cmに留まっている、という考え方もあり、この場合は1m^2当たり13kgという数値を換算に用いて、2,300~7,700ベクレル/kgとさらに高濃度の数値になります。あくまでざっくりとした試算なので、実際に採取して測定したほうがよいと思います。)


私達が住む流山市東深井地区は、私が所属する「流山・東深井地区の子供達を放射線から守る会」の計測により、概ね毎時0.2~0.4マイクロシーベルト毎時(μSv/h)の空間線量となっています。側溝などの局所的に線量が高いマイクロスポットでは1μSv/hに近い場所もあります。

「流山・東深井地区の子供達を放射線から守る会」による計測
http://blog.goo.ne.jp/nagareyama_higashifukaikodomo/e/ff3436c0715c9bfe33a0f75f61619081
http://blog.goo.ne.jp/nagareyama_higashifukaikodomo/e/a17b1a6e3beda9d0e14747bdbf69e1c6

ご存知の方も多いと思いますが、年間の被ばく限度の目標値は1ミリシーベルトとされています。環境省は、重点調査地域として指定する基準として、1時間当たり0.23マイクロシーベルトとしています。
(0.23μSv/hトという数値については、種々の意見があります。内部被曝量を考慮すると、本来はもっと厳しい(小さい)数値であるべきと考えます。

ちなみに、流山市が2011年10月に出した除染計画における基準は、0.3μSv/h(東葛地域で最も高い、つまり危険側)の独自基準となっていました。
一方、この3月に出された新しい除染計画では、子供が
多く利用する施設では5センチの高さで0.23μSv/h未満にすることを目標とすると改められています。



では、0.2マイクロシーベルト毎時は、どのくらいのレベルなのでしょうか
表面汚染密度が
40,000Bq/cm^2を超えるおそれのある場所は、放射線管理区域に指定する必要があります。本来は、一般人の立ち入り、飲食禁止となります。
放射線に対する感受性が高いとされる子供達が、そのような場所で長時間を過ごすのは適当ではないことは、明らかです。

東京大学物性研究所 押川先生の流山市建白書から
『被曝を管理された成人である放射線業務従事者を保護するための規定に当てはまる場所で、子供たちが遊んで良い道理はなく、校庭の基準を定めるとすればこれよりも一段と低くあるべきです。』

http://www.slideshare.net/MasakiOshikawa/20111220-10689096
(押川先生の資料22ページを参照)
 1m高で0.18μSv/h(バックグラウンドを除き0.15μSv/h)
   ⇔ 40,000Bq/cm^2(Cs134+Cs137)
 
東葛地域は、元々空間放射線量が高いという噂が流れたが・・・(16ページを参照)
http://www.slideshare.net/MasakiOshikawa/20120114


従って、子供達が活動する施設については、できるだけ表土に付着している放射性セシウムを表土とともに除去して、できるだけ低い値にするべきと考えます。

流山市の新しい除染計画では、学校などの子供が多く利用する施設で、校庭の表土除去による除染が計画されています。そこで、せっかく同じお金を投じるのですから、例えば0.1マイクロシーベルト程度になっているかどうかを除染の効果を測る目安としてはいかがでしょうか。

全面表土除去を行えば、達成できる数値であることが柏市の実験や野田市の学校の除染で確認されています。



toukatsuno_hirotoukatsuno_hiro at 08:18コメント(0)トラックバック(0)放射線問題 

2012年03月03日

放射能の人体への影響は、専門家の間でも意見が分かれますが、子供達は放射線への感受性が高いと言われています。

私は、子供達が長時間生活を送る小中学校の校庭で外部被曝することに加えて、校庭の砂塵や土埃(つちほこり)が風で舞うなどして、付着している放射性セシウムを吸い込んだり、手で土を触った後に手を口に入れてしまう、などによる内部被曝により、4、5年先に何らかの健康被害が出てくる可能性が否定できないことを、とても心配しています。


だからこそ、流山市内の全ての小中学校を対象に全面表土除去による除染が必要なのです。

放射性セシウムは土壌に付着
 (日本土壌肥料学会のHPから)
http://nacos2.sakura.ne.jp/info/nuclear/4137.html
http://jssspn.jp/info/nuclear/post-15.html

p20-p21-makenai-4
「放射線になんか、まけないぞ!」柚木ミサトさん
http://www.mikanblog.com/?p=2730


なお、自宅の室内の空間線量は平均すると毎時0.10~0.15マイクロシーベルトです。私自身は、外部被曝についてももちろん心配をしていますが、(根拠はありませんが)移住が必要な状態だとは考えていません。

しかし、子供達が長時間過ごす学校での被曝は、できるだけ避けることが必要だと考えています。
特に、土ほこりを吸い込むことによる内部被爆を低減することが、最優先で実施されるべき対策ではないかと考えています。
従って、学校や公園のように土ホコリや砂塵が舞い上がりやすい場所では、空間線量を下げるだけでなく、放射性セシウムの総量を減らす対策、つまり全面的な表土除去による除染対策が欠かせないと考えています。

また、除染が完了するまでの間は、風が強い日にマスクを着用すること、外から帰ってきた際の手洗いやうがいをすることが望ましいと考えます。

(もちろん、食事から摂取することによる内部被曝も懸念されるため、自宅ではできるだけ食材に気を払うことで低減する必要があります。)

akatsubu-masuku-2
あかつぶ
http://www.mikanblog.com/?p=2623


放射能から子供を守れ!!茨城県坂東市マスク配布へ 除染時、強風時のマスクは必要
http://blog.goo.ne.jp/egaonotakasan/e/403749715dbea8f80a1f4cc63a8cef02

1月26日付で、東京大学物性研究所の押川正毅先生より流山市長、市議会議員、教育委員会、放射能対策室に提出された『流山市建白書』。
http://masakioshikawa.blogspot.com/2012/01/24126-3-icrp1msvicrp-3.html
専門家の立場から流山市をはじめとする東葛地域の汚染状況と必要な対策の考え方を示したものであり、、流山・東深井地区の子供達を放射線から守る会」としても、また個人としても押川先生の勇気ある行動と、その建白書の内容に賛同いたします。)

『流山市建白書』の要旨
http://toukatsuno-hiro.doorblog.jp/archives/2863715.html


<内部被曝についての参考情報>
土ホコリを吸い込むことによる内部被曝の健康影響については、まだよくわかっていないようです。専門家ではない私には本当に影響があふのか、またはないのかを判断することができません。なので、現時点では安全側に考えて、『できるだけ子供達は身体に取り込まないようにすべき』と考えています。

①再浮遊した放射性セシウムの吸入摂取は2~4%程度(地表沈着からの外部被ばくを100%とした場合)
・汚染状況に関する情報整理 - 日本原子力学会
http://www.aesj.or.jp/aesj-symp/presentations/02-02_hattori.pdf

(『再浮遊』が『風で舞い上がった土ホコリの吸入』とイコールなのかは、私には判断できません。)


②掃除機のホコリにも放射性セシウム

・千葉・柏の民家のホコリから5970ベクレル/kgのセシウム 「服や靴について持ち込み」
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/52153570.html

http://onaironaironair.wordpress.com/2011/12/17/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E7%B4%84%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%E3%82%AD%E3%83%AD%EF%BC%9D%E6%8E%83%E9%99%A4%E6%A9%9F%E3%83%9B%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%81%E3%82%BB%E3%82%B7/

(ホコリ自体の総量は小さいので、身体への影響は小さい、という結論ですが、食品に含まれる放射性セシウムの摂取量に気を遣うのに、土ホコリや掃除機のホコリに気を遣わない理由はないように思います。)


③内部被ばくと外部被ばくの違い

・食品中のセシウムによる内部被ばくについて考えるために
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/CsInBody.html

・放射性核種の種類と影響
http://housyanouosennimakenai.doorblog.jp/archives/1472826.html

(ベータ線の実効線量を比較して、放射性セシウムの内部被曝の影響は、放射性カリウムと同程度だ、だから大したことがない、とする考えがあります。これも私には判断できません。)

原発と放射線 第3版(東京外国語大学 中山研究室)
http://www.nakayama-lab.com/essay/atm.html

(執筆者の放射線に対する専門性は不明。)


④セシウムが付着する花粉から類推

・セシウム花粉 人体への影響ないが…症状なくてもマスクを - スポーツニッポン
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/13/kiji/K20120213002620620.html

(花粉と土ホコリとでは、粒子の大きさや放射性セシウムの付着の状態が異なると推測されるので、肺等に取り込まれる量や人体への影響は異なるかもしれませんが、、、。)


⑤土ホコリ・砂塵は、どのくらい飛ぶのか
群馬大における風塵堆積量の実測値(早川由紀夫先生のHPから)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-459.html

(4月~5月は、1日あたり6g/m2を超える風塵が堆積しています。春先の風が強い日は、子供たちのマスク着用をお勧めします。ちなみに、年間では1.6kg/m2の風塵が堆積。)

火山学者が見た2011年3月福島第一原発事故
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-472.html


この関係の情報をお持ちの方は、ぜひご教示いただければと思います。



toukatsuno_hirotoukatsuno_hiro at 10:19コメント(3)トラックバック(0)放射線問題 
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ