2012年01月26日

私の子供達が通う東深井小学校でも、校庭のほぼ全域で国の基準である0.23マイクロシーベルト毎時を超える線量が計測されています。

http://blog.goo.ne.jp/nagareyama_higashifukaikodomo/e/ff3436c0715c9bfe33a0f75f61619081

ところが、流山市の除染計画では、3月以降に部分的な除染を行う、とあるだけで、除染対象には含まれていません。
東深井小学校の校庭では、流山市独自の基準0.3マイクロシーベルト毎時を超える箇所が多数ありますし、ほとんどの箇所で国の基準0.23マイクロシーベルト毎時は超えています。

他の市内の学校と本質的に汚染状況が違うわけではないのに、東深井小学校を除外するのは、おかしいと思いませんか?同様に、東深井中学校も除外されています。

ちなみに、流山市のH23年11月の除染計画では、校庭の全面表土除去の対象は八木中学校のみとなっています。

除染計画の大幅な見直しが必要だと考えます。

流山市による小学校の測定結果
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/houshanou/kekka/kekka.htm#shou
流山市による中学校の測定結果
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/houshanou/kekka/kekka.htm#chuu



toukatsuno_hirotoukatsuno_hiro at 14:34コメント(0)トラックバック(0)放射線問題  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ