2012年02月01日

流山市から1月31日、ついに除染計画の見直し案(原案)が出ました。

流山市除染実施計画(案)
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/houshanou/120201jissikeikakuan.pdf
流山市除染実施計画(案)概要
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/houshanou/120201keikakugaiyou.pdf

流山市が0.3マイクロシーベルト毎時という独自基準を改め、全ての小中学校を含む、子供たちが多く利用する施設を対象に表土除去を含む対策を行い、5cmの高さで0.23マイクロシーベルト未満となるように対応を図る、としていることは非常に前向きに対策を行おうとしており、高く評価できます。

私が作成したチェックリストで見れば、

<学校に関する除染計画案の本気度チェックリスト>

 全ての小中学校を対象
にしているか
    
・・・>◎
 
重機による全面表土除去
を対策の中心に据えているか
    
・・・>△(表土除去の記載はあるが、全学校を対象にするのか、重機によるものか、校庭の全面を対象にするか、どのくらいの深さまで削るのか、天地返しの場合はどのくらいの深さの層と入れ替えるかなど、はっきりとしない点が多い。)
 ③学校における除染の目標値を、
5cmの高さで0.1マイクロシーベルト程度
に設定しているか
    ・・・>△(5cmの高さで0.23マイクロシーベルト未満としたのは評価できるが、野田市の除染結果のように全面表土除去を行い、結果として0.1マイクロシーベルト程度になるように対策をしてほしい。)

 
④具体的な実施スケジュールを盛り込み、平成24年度の第一四半期までの実施を計画しているか
    ・・・>△(子供たちが多く利用する施設は、平成24年度中の完了としている。もっと前倒しでできないものだろうか。)

 ⑤広報誌等に掲載し
”見える形”で広く市民に情宣
を行うか
    
・・・>△(本日発行の『広報ながれやま』、、、イマイチというのが印象。除染計画の中身は具体的には書かれておらず、昨年
10月の除染計画との違いがわかりにくい。結局、ホームページからダウンロードしないと、除染計画の内容を知ることができない。また、流山市が行政と市民が一緒になって取り組むんだ、という決意を示すべきであった。子供たちの施設の除染の必要性について触れられていないため、放射能問題に詳しくない市民にとっては、あまり興味を引く内容にはなっていないと思います。)



流山市が本気で子供達の健康を守ろうとしているのか、私たちのまちを安心して暮らせる街に戻していく気持ちがあるのかは、まだ除染計画の文面だけでは判断はできません。
今後のタウンミーティングや議会での議論、そして早急に計画を実施に移す行動力を示すかを見ていかなければなりません。

また、パブリックコメントタウンミーティングの場で、私達保護者、あるいは小さいお孫さんを持つ年輩の方々がしっかりと声を上げ、批判だけでなく、賛成できる部分は賛意も含めて意見を伝えていく必要があります。


(参考)野田市の除染対策(全面表土除去)の効果
http://www.city.noda.chiba.jp/shihou/shihou/pdf/120201-3.pdf
http://www.city.noda.chiba.jp/osirase/20110311jisin-639.html
http://www.city.noda.chiba.jp/shihou/shihou/sihou120215-1.html
天地返し(校庭の全面で重機で表土を10cmすき取り、その下の層と入れ替える。実際には、3m近く深い穴を掘って、そこに表土を入れている、とのこと。)による。1つの中学校を除き除染後に5cm高さで0.1μSv/h以下になっていることから、『表土除去』による除染効果は明らかです。ただし、子供達が遊びで土を掘り返したり、風雨で覆土が流れてしまう可能性を考えると、もっと深い層と入れ替えるべきと思います。


(参考)除染が済むまでは
流山市には対策の迅速な実施を求めていきますが、各学校で対策が完了するまでの間、風が強い季節は、学校や家庭で外出時のマスクの着用を呼びかけ、砂塵や土ホコリの吸入による内部被ばくを防止しましょう。



東京大学押川正毅先生より流山市に提示されました”流山市建白書”
http://masakioshikawa.blogspot.com/2012/01/24126-3-icrp1msvicrp-3.html
「流山・東深井地区の子供達を放射線から守る会」としても、また個人としても押川先生の勇気ある行動と、その建白書の内容に賛同いたします。



toukatsuno_hirotoukatsuno_hiro at 08:09コメント(0)トラックバック(0)放射線問題  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ